シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【このはな綺譚】5話感想 的確にお客の心を掴んでいく柚ちゃんコミュ力高し

5話 梅雨(ばいう)送りし 感想

【twitterの反応は?】








もうだまされない 怖い話と見せかけていい話なんだから







「お前の気遣いはたまに残酷だ……」















「その卑屈な考えがブスなのよ!」

その卑屈な考え方がブスなのよ!



そんな!作画まで変わって!





日本人形が萌えフィギュアに改造されそう


最初の頃のほうが良かったかな




呪いの日本人形が大変なことに・・・

日本人形ってだけで物置に

「ねぇ……私と、遊びましょ?」




リカちゃん人形に完全敗北した日本人形




おう 夢に入り込むスキル設定は一話限りじゃなかったのか



「もう充分供養になったでしょう」


どんどん萌えフィギュア化していきます ワンフェスに持っていけばいい






お菊(人形)も此花亭で働く流れ




日本人形の原型も留めてないですよね

呪いの人形=お菊ちゃん=なぜメイドw


「それはここが機織り小屋だからですよ」




傘の色の好みは下着の色の好みと同じと




機織りに集中して食事にも手を付けてない




作業しながら食えるサンドイッチを持っていけばいい (世界観ぶち壊し

なに機織りにノルマでもあるの?

「お囃子みたいだな…あの音が」

ばかにしないでくれる?出来るわよそのくらいってAAが似合いそう








櫻はやっぱこの目が好きなんだよなぁ











ついつられて歌ってしまいました

「いいわ、雨音ばかりで飽々してた所よ…少しそこで歌ってて……」









ここにも姉にコンプレックスの人が

なんか柚さんにだけ顧客がどんどん付いていってるような

「でも早くて綺麗はお姉さま達にも出来ない事ではないでしょうか?」

見ているだけでわくわくします





頑なになってしまった心を溶かす 柚は最高のおもてなしをしていますね

「そうね、喜んで貰えると嬉しいものね」 pic.twitter.com/WGYTSigaO2






コレ離したらバチーンってくるやつだ…ってアレ?虹??








虹の布だった そして夏が始まる

今回も見事な話だった。ノルマがなかったがそこは目を瞑る。